「ホワイト物流」推進運動とは?

  • 2019年4月25日(木) 09:00 JST

「ホワイト物流」推進運動とは?

 

ホワイト物流,ホワイト,運送会社,運送業界,ブラック企業,トラックドライバー

 

物流業界ではドライバー不足が深刻化するなか、国民生活や産業活動に必要な物流機能を安定的に確保し、

日本経済の持続的な成長に寄与するため、荷主、物流事業者、国民の3者の連携・協力・理解を深めることを目的に、

国土交通・経済産業・農林水産の3省庁が共同で事務局を担い推進されることとなった運動です。

 

 「ホワイト物流」推進運動

 ①トラック輸送の生産性向上・物流の効率化

 ②女性や高年齢層を含む多様な人材が活躍できる働きやすい労働環境の実現

 

 

 

持続可能なトラック運送サービス,ホワイト物流

 

 

 

「ホワイト物流」推進運等事務局では、

この運動の趣旨に賛同いただける上場企業や地域の主要企業を中心に自主行動宣言を公表していただき、

荷待ち時間の削減や契約の書面化の取り組みを進めているとのことです。 

詳細は、「ホワイト物流」推進運動のポータルサイトをご覧ください。(クリックすると新規ウィンドウで開きます)

 

 

 

ホワイト物流へ向けた具体的な取り組み例

当社2トントラック全車に導入しているMOVO動態管理システムを提供する株式会社Hacobuでは、

荷主事業者向けにMOVOバース管理(トラック予約・受付)ソリューションをリリースしており、

アスクル株式会社の物流改革プロジェクトの一環として、2019年2月からムーボ・バース管理を活用し、

平均待機時間の約50%という大幅な待機時間の短縮効果を得られたとのことです。